肺がん初期症状はこれだ!原因と症状一覧&転移末期症状のまとめTOP

肺がんの症状と原因とは?- 初期症状から転移・末期症状まで

日本でも多い死因の1つになっているのが肺がんです。

 

この肺がんというのは自覚症状がほとんどないため、発見が遅れやすくそのために致死率も高いとても怖い病気です。

 

この肺がんの症状とはどのようなものなのでしょうか?

 

まず、肺がんの初期症状としては咳が発生します。咳といえばよくある症状ですが、肺がんの場合数週間も咳が続きます。

 

喫煙などをしているのであれば、どんどん咳も酷いものになるでしょう。また、咳とともに痰というのも肺がんの初期症状です。

 

この痰というのも珍しいものではありませんが、血液が混じったような痰がでることが肺がんの初期症状にある特徴です。

 

他にも胸が苦しく息切れや呼吸困難という症状もでてきます。体が弱くなってきて体重が落ちてきますし、高熱がでてくることでしょう。

 

ここまで進行してようやく肺がんが発覚することが多いですが、それでは手遅れになってしまいます。

 

肺がんは初期症状が風邪の症状と似ていることもあり、早期発見が難しいのです。

 

 

そもそも肺がんの原因とはどのようなものがあるのでしょうか?

 

大気汚染や空気汚染も原因の1つですが、日本の場合はやはり喫煙が大きな原因になっています。

 

若い年齢でタバコを始めるとさらに肺がんが発症する可能性が高くなります。

 

また、喫煙者でなくても身近に喫煙者がいる場合は受動喫煙という形で肺がんのリスクになってしまいます。

 

このように肺がんになるかもしれない環境にあるのであれば、体調に異変を感じたのであれば早めに検査を受けるようにしましょう。

 

そうして早期発見することが肺がんを克服するためにとても重要になってきます。

 

肺がんの怖さというのは早期発見が難しいことの他に、移転がしやすいということにあります。

 

他の癌にも同じことが言えるのですが、肺がんというのは特に移転が起こりやすい怖い病気です。

 

 

しかし、なぜ肺がんは移転がしやすいのでしょうか?

 

実はガンというのは移転する場合は血液やリンパを介在してがん細胞が移動します。

 

肺というのは酸素を体のいたるところに運ぶ働きがあります。血液による代謝が高いため、肺がんというのはとても移転がしやすいのです。

 

がん細胞というのは血液を新生させ、より活性化していく特徴があるので肺がんは遠くの臓器にまで移転をしてしまうというわけです。

 

肺がんの末期症状になると、肺が痛むことに加え、発熱や食欲不振、衰弱などの症状がでてきます。

 

どのがんでも末期症状というのはそれなりに苦痛が伴うものになります。

 

ですが、肺がんというのは呼吸困難などの症状があるために、他のがんと比べても特に苦しみがあると言われています。

 

ですから、末期症状になり完治の見込みがないのであれば緩和治療をするという選択肢もあります。

 

この緩和治療で患者さんの負担は大きく軽減できるようになっているのです。

 

患者さんやご家族の方はどのような治療を行い最期を迎えるのかを選択する必要があります。

スポンサードリンク

 


肺がん初期症状TOP 肺がん初期症状まとめ 肺がん初期症状知識集 肺がん治療情報まとめ