肺がんの初期症状 息苦しい!咳が長引く!早期発見のための心得

息苦しく空咳が長引く場合は病院へ!- 肺がんの初期症状

肺がんというのは、日本でもとても多い病気の1つです。この肺がんの危険性として、早期発見が難しいということが挙げられます。

 

がんというのは早期発見が重要なのですが、肺がんはそれが難しいのです。というのも、肺がんというのはこれといった初期症状がないものだからです。

 

肺がんの初期症状といえば咳ですが、この咳というのはなにも肺がんの初期症状だけではありません。

 

普通の風邪でも咳はでますし、咳がでたからといって心配になるというものでもありませんからね。

 

咳がでると同時に息苦しさが続くということもあります。この息苦しさというのも肺がんの初期症状に限った話ではないので、やはり早期発見が難しいのです。

 

咳や息苦しさというのは、確かに風邪の症状に似ています。ですから、心配をしないという気持ちもわかります。

 

ですが、いつまでもこのような症状が続くようであれば、早めに病院へ行くようにしましょう。

 

病院へ行ったお陰で早期発見に繋がったという人もたくさんいます。肺がんが進行してからでは遅いので、早めに病院へ行って発見をしてもらいましょう。

 

レントゲンを撮ってもらうことで肺がんの症状があればわかりますからね。

 

また、ご存知のように肺がんの1番の原因はタバコになっています。ですから、タバコをやめるだけでも肺がんになるリスクをかなり減らすことができるわけです。

 

また果物を食べるというのも肺がんになるリスクを抑える効果があると言われています。

スポンサードリンク

 

合わせて読みたい肺がん関連ページ

背中の痛み
肺がんの初期症状としてよく見られる背中の痛みについて解説しています。肺がん早期発見の為の前兆を見逃さないようにしましょう。
咳(せき)・空咳
肺がんの初期症状の大きな特徴に、「空咳」と「痰」が高頻度で続くというものがあります。このような症状が見られた場合の注意点と肺がん初期症状の特徴について掲載しています。
痰(たん)・血痰
肺がんの初期症状の特徴として、血の混じった痰『血痰』がでたり、痰が出ることが続くというものがあります。これらの症状が現れた場合は、肺がんの早期発見に繋がりますので病院の受診をするようにしてください。
肩こり
肺がん初期症状の一つに『肩こり』があります。しかし多くの場合にこの事実は知られていないようです。肺尖部の状態の悪化、癌の初期症状の場合は、肩こりが肺がんの初期症状として現れる場合があります。
熱・微熱
肺がんの初期症状は、風邪の症状によく似ていると言われます。熱や微熱がでることも例外ではありません。その他、咳や痰がからみますが、実は肺がんの初期症状だったのです。
水がたまる
肺がんが進行すしてくると水がたまる症状がでます。呼吸困難や胸の痛みの症状が現れることになります。治療方法としては、苦痛を和らげるために胸水を抜くという対処方法があります。

 

ページのトップへ戻る

 


肺がん初期症状TOP 肺がん初期症状まとめ 肺がん初期症状知識集 肺がん治療情報まとめ