肺がんの初期症状 熱・微熱!まるで風邪の症状に似ている…

風邪を引いた時の如く熱や微熱が出る場合も… 肺がんの初期症状

肺がんの怖さというのは、初期症状がほとんどないことが大きな原因になっています。

 

初期症状がないわけではないのですが、他の病気と区別がつくような症状が現れることはありません。

 

ですから、気がついたときには末期だったというケースが多く、致死率の高い病気になっています。

 

このような状況になってはいけませんから、おかしいと思ったら油断をしないで病院へ行くことが重要になります。

 

肺がんというのは発見が難しい病気ですが、それは風邪と間違えやすい初期症状がでるからです。

 

健康診断でレントゲンを撮ってもらい、たまたま肺がんが見つかったというケースは多いです。

 

それくらい自覚症状がないのが肺がんです。発症していても風邪の症状だと思ってしまうので、どうしても発見が遅れます。

 

風邪のように咳がでたり、痰がでたりします。このような症状と共に、熱がでることもあります。

 

熱が出るというのも、よくある風邪の症状だと思うので病院へ行かないケースもあるかもしれません。

 

風邪が原因だと決めつけて病院へ行かないでいると、いつまでも発見ができずにいることでしょう。

 

そうして肺がんが進行してしまうと手遅れというとても怖いことになってしまうかもしれません。

 

風邪の症状だと思ってもどこか普段とは違うものなので、よく自分の体の注意してみましょう。

 

そしておかしいと思ったら病院で検査を受けるようにしましょう。特に喫煙者の方や喫煙者が身近にいる人はよく注意をしましょうね。

スポンサードリンク

 

合わせて読みたい肺がん関連ページ

背中の痛み
肺がんの初期症状としてよく見られる背中の痛みについて解説しています。肺がん早期発見の為の前兆を見逃さないようにしましょう。
息苦しい
肺がんの初期症状としての大きな特徴である息苦しさと空咳が長く続く症状について解説しています。早期発見は命にかかわる大きなポイントです。
咳(せき)・空咳
肺がんの初期症状の大きな特徴に、「空咳」と「痰」が高頻度で続くというものがあります。このような症状が見られた場合の注意点と肺がん初期症状の特徴について掲載しています。
痰(たん)・血痰
肺がんの初期症状の特徴として、血の混じった痰『血痰』がでたり、痰が出ることが続くというものがあります。これらの症状が現れた場合は、肺がんの早期発見に繋がりますので病院の受診をするようにしてください。
肩こり
肺がん初期症状の一つに『肩こり』があります。しかし多くの場合にこの事実は知られていないようです。肺尖部の状態の悪化、癌の初期症状の場合は、肩こりが肺がんの初期症状として現れる場合があります。
水がたまる
肺がんが進行すしてくると水がたまる症状がでます。呼吸困難や胸の痛みの症状が現れることになります。治療方法としては、苦痛を和らげるために胸水を抜くという対処方法があります。

 

ページのトップへ戻る

 


肺がん初期症状TOP 肺がん初期症状まとめ 肺がん初期症状知識集 肺がん治療情報まとめ