肺がんの初期症状 水がたまる!呼吸困難・胸の痛み!治療方法は?

肺がんで胸水が溜まり呼吸困難や胸痛の症状が!治療方法とは?

肺がんというのはある程度進行してくると、胸水がたまってきてしまいます。

 

このような症状がでると、呼吸困難や胸の痛みという症状がでてくるようになります。

 

この胸水というのは健康な人でも少しはあるものですが、がんが進行していくことで異常にたまってしまうという症状がでてきます。

 

これは肺がんの初期症状というよりも、かなり進行している状態になります。

 

水がたまるという症状が現れたら体に明らかな異変を感じるようになるので、すぐに病院へ行くようにしないといけません。

 

このような状態になってしまうと、治療も困難になってくるケースが少なくありません。

 

がんの治療ではなく、胸水を抜いて苦痛を和らげるというような対処治療しかできないケースもあります。

 

それくらいがんが進行している状態です。肺がんの治療といのは初期段階でないと難しくなりますが、胸に水が溜まるということは初期ではありません。

 

放射線治療もできないこともありますし、この胸水の有無というのは重要な要素になっています。

 

これは呼吸困難などの原因にもなりますし、とても苦しくなってきます。このような状況にならないように、肺がんというのは早期発見をするようにしないといけません。

 

はじめは風邪のような症状しか現れませんが、喫煙歴が長いなど健康に不安があるなら早めに検査を受けるようにしましょう。

 

進行してからでは治療ができないケースもありますから、きちんと検査をしてもらいましょうね。

スポンサードリンク

 

合わせて読みたい肺がん関連ページ

背中の痛み
肺がんの初期症状としてよく見られる背中の痛みについて解説しています。肺がん早期発見の為の前兆を見逃さないようにしましょう。
息苦しい
肺がんの初期症状としての大きな特徴である息苦しさと空咳が長く続く症状について解説しています。早期発見は命にかかわる大きなポイントです。
咳(せき)・空咳
肺がんの初期症状の大きな特徴に、「空咳」と「痰」が高頻度で続くというものがあります。このような症状が見られた場合の注意点と肺がん初期症状の特徴について掲載しています。
痰(たん)・血痰
肺がんの初期症状の特徴として、血の混じった痰『血痰』がでたり、痰が出ることが続くというものがあります。これらの症状が現れた場合は、肺がんの早期発見に繋がりますので病院の受診をするようにしてください。
肩こり
肺がん初期症状の一つに『肩こり』があります。しかし多くの場合にこの事実は知られていないようです。肺尖部の状態の悪化、癌の初期症状の場合は、肩こりが肺がんの初期症状として現れる場合があります。
熱・微熱
肺がんの初期症状は、風邪の症状によく似ていると言われます。熱や微熱がでることも例外ではありません。その他、咳や痰がからみますが、実は肺がんの初期症状だったのです。

 

ページのトップへ戻る

 


肺がん初期症状TOP 肺がん初期症状まとめ 肺がん初期症状知識集 肺がん治療情報まとめ