肺がんの初期症状 CT(胸部CT)検査での早期発見を!アドバイス

肺がんの初期症状発見は検査を定期的に受けましょう!胸部CT検査

肺がんをきちんと発見するためには、当然ですが検査をきちんと受ける必要があります。

 

肺がんというのは初期症状がほとんどないので、自覚することはほとんど不可能です。

 

実際には初期症状というのは自覚できるものですが、それが肺がんによるものだと気がつくことができません。

 

それこそ風邪の症状と似ているので、風邪だと思って軽く考えてしまうケースがほとんどなのです。

 

また、実際に肺がんが心配で病院へ行っても肺がん以外の症状を診断されることも多いです。

 

それくらい他の病気の症状と似ている症状しか現れないということです。

 

肺がんというのは早期発見が重要になるので、きちんとした検査を受けて診断をしてもらう必要があります。

 

それこそ健康診断のレントゲン検査ぐらいでは気がつかないこともあるのです。肺がんの検査方法というのはレントゲンの他にも、胸部CTなどがあります。

 

このような精密検査をして肺がんかどうかを診断してもらう必要があるのです。

 

いずれにしても、肺がんの心配があるのであれば、まずは禁煙をすることです。

 

過去に喫煙歴がある人でも肺がんの可能性が高くなるので不安も大きなものになるでしょう。

 

喫煙をしている40歳以上の方であれば、肺がんはいつ発症してもおかしくはないと言われています。

 

肺がんの検査というのは問診だけでわかるものではありませんから、きちんと精密検査を受けましょう。

 

そして肺がんになってしまうような生活習慣があるのであれば、すぐに改めるようにしましょう。

スポンサードリンク

 

合わせて読みたい肺がん関連ページ

レントゲン検査について
肺がんの初期症状が見られ、レントゲン検査で肺がんが判明する場合というのは、それなりに進行が進んでしまっている場合が多いものです。早期発見のためには、定期的な検査が必要となります。
肺野型の初期症状は!?
肺がんの初期症状をチェックして早期発見を目指したいという方は多いのですが、肺野型という肺の深い部分にでる癌は初期症状がでないことで有名です。
肺がんと年齢の関係
肺がんの初期症状が現れる年齢について気になる方も多いと思います。こちらでは、肺がんと年齢についての情報を掲載してます。年齢とともに大きく関与するのが喫煙歴の長さです。
空咳の頻度・危険度
肺がんの初期症状の空咳について、頻度がどの程度続くのか気になる方も多いと思います。気になる場合は、一刻も早く病院を受診してください。情報を探している間に、癌は進行しています。

 

ページのトップへ戻る

 


肺がん初期症状TOP 肺がん初期症状まとめ 肺がん初期症状知識集 肺がん治療情報まとめ